TOP > 掲載企画特集2014年スキンケアVol.2

特集

特集・スキンケアVol.2——輝く夏肌へ 美白 保湿 多機能 etc

2014年5月19日

有力各社の取り組み エイジングケア・保湿編
 
 「スキンケア特集Vol.2」では、スキンケアの基本とされる保湿ケアや、高齢人口の増加、若年層の利用者増によって順調に市場が拡大しているエイジングケアの注目製品、600億円強の市場となったオールインワンの製品などを取り上げる。また、卸店幹部のコメントやアットコスメの人気ランキングを通じて“市場のいま”を探る。

 肌は日中、歳を取る
 コーセーはこの春、日中のエイジング対策アイテム「アスタブランデイケアパーフェクションUV」(SPF50+・PA++++)を発売した。乳液と化粧下地、UVカットの三つの機能を持ち、化粧水の後はこれ一本でケアが完了する時短アイテムだ。
 「アスタブラン」は、小じわやしみが気になる大人の女性に向けたエイジングケアブランド。新商品は「肌は日中、歳を取る」ことに着目、日中のエイジング対策を重視した。
 同社が約20年にわたり研究を重ねた天然成分アスタキサンチンは、活性酸素の中でも最も毒性が強くコラーゲンを変性させて小じわなどのエイジング症状の原因となる「一重項酸素」に対して優れた効果がある。これに加え、過酸化脂質の発生を抑制するフーチバーエキスを配合。日中の過酷な肌環境の中でも、乾燥による小じわを目立たせず、ハリや透明感、潤いを守る。
 イメージキャラクターはブランドのスタート以来、女優の天海祐希を起用。昨秋は「ハリ活・宣言」をキャッチコピーに「リフトセンセーション」を展開し高効果を訴求、ブランドを深く掘り下げた。今春は「朝からハリ活・宣言」を掲げライフスタイルを重視。サンプリングを継続的に実施するなど、ファンの拡大を図っている。

 

 乾燥小じわをケア
 シートマスク市場が拡大する中、クラシエホームプロダクツはスキンケアブランド「肌美精」からの新アイテムで強化を図っている。
 同社によるとシートマスクの使用率は22%から27%に、また、ほとんど毎日使用するという人が3%から12%へと増加しているという。平均使用日数も増え、手入れ自体がデイリーケアになりつつあると分析する。乾燥小じわケアの市場も2012年で前年の8倍以上となり、更にその後も成長を続けている。
 「肌美精リンクルケア美容液マスク」は、保湿成分レチノールEXと30種類の美容エッセンスを配合した40枚入ジッパータイプの大容量で、毎日気軽に手入れができるシートマスク。スタンディング式のジッパー袋、天然コットン100%のシートを採用した。乾燥小じわを目立たなくするマスクとして提案している。
 更に同社は、頬のケアに着目した専用マスク「肌美精ほほ美容液マスク」を発売、商品力を強化した「うるおい浸透マスク」シリーズ、「超浸透3Dマスク」と併せて、マスク市場の活性化を目指している。
 マスク以外でも大容量化粧水「ナチュるる」、ストレスによる大人のニキビを洗顔で予防する「肌習慣」シリーズと、スキンケア分野に注力中だ。

 
1
 
Share (facebook)
 
 
 
記事一覧に戻る
 

サイト内検索

Loading

記事配信中

@COSME

日経テレコン21

日用品化粧品新聞 ダイジェスト版

Facebook

       
  x  
日用品化粧品新聞
 
Share (facebook)