TOP > ニュース一覧生活用品ニュース一覧生活用品ニュース

生活用品ニュース

[業界ニュース]スケーターが第12回夏・秋・冬社内展示会

2017年5月1日

 スケーターは、4月13〜18日(15、16日は除く)の4日間、奈良県奈良市の本社で、4月20〜25日(22、23日は除く)の4日間、東東京台東区及び福岡市博多区の営業所で「第12回夏・秋・冬社内展示会」を行った。
 トレンド素材や異素材を用いた独自性、新規性のある付加価値商材や、拡充を図るキャラクターアイテム、カラー展開を強化するベーシックデザインのランチボックスやベビー用アイテムなど約150品目600SKUを紹介。特に、木目調のデザインや、実際に木の素材を用いた商品を強く訴求した。
 カテゴリー別では、強化カテゴリーの一つであるベビー用・シニア用アイテムを大々的にアピールした。ベビー用は、少子化ながら、一人当たりにかける金額が増えるシックスポケット現象を捉え、木目調で高級感を演出した各種食器や、贈答需要の掘り起こしを狙ったギフトセットなどを多数用意した。
 その他、ベビー用では、キッズ用のマスクだけでなく、ベビー用(1〜3歳)も投入。立体型のマスク5枚入りで、ディズニーやサンリオのキャラクターをデザインしている。子供に対するインフルエンザなどを気にする親が増えていることから、より早期年齢層からの使用を促す提案を試みる。
 また、ダイカットシリーズの展開にも力を入れる。キャラクターの顔などをそのまま商品の形にしたダイカットは、子供の興味を集めることから、ランチボックスやランチバッグ、リュックなどに採用して市場の活性化を図る。
 来場者は3会場合計で2000人を超えるなど、これまで以上の数字を達成した。この背景には、主力のスーパーやホームセンター以外にも、近年では、バラエティーショップや、アパレルショップ、書店、あるいはeコマースや海外など新たなルートにランチボックスやキッチン用品の配荷を積極的に進めていることから、来場者の幅が広がったことが挙げられる。
 今回の展示会でも、木目調のデザインや各種ギフトセットが高い評価を得るなど、新しいアプローチが形になりつつあり、今後も次のステップへ向けた取り組みを多方面で推進していくという。 


 

 

  
1
 
 
 
 
 

最新の記事

記事一覧に戻る

 

サイト内検索

Loading

記事配信中

@COSME

日経テレコン21

日用品化粧品新聞 ダイジェスト版

Facebook

       
  x  
日用品化粧品新聞
 
Share (facebook)