TOP > ニュース一覧生活用品ニュース一覧生活用品ニュース一覧

生活用品ニュース一覧

 

 貝印は今春、キッチンウェアカテゴリーから各種新商品を発売した。日用品化粧品新聞3月20日号で既報の通り、3月8日午前11時から3回、東京都港区のエミーズで発表会を実施。経営管理本部の遠藤浩彰副本部長、マーケティング本部企画販売促進部の遠藤加奈子部長らが出席し、概要を紹介した

 主力の包丁ブランド「関孫六」からは、オールステンレスタイプで使いやすく手入れしやすい「匠創」をリニューアル。刃体からハンドルまで継ぎ目をなくした一体成型で、食洗機などにも対応したオールステンレスモデルのアイテムで、切れ味の持続性の向上や優れた操作性を実現した同ブランドからは、手頃な価格ながら切れ味にこだわった「いまよう」、幅広いサイズを展開する「べにふじ」、本格志向の人に向けたハイクオリティ品「くじゃく」も新展開する。同じく包丁では、欧米を中心として世界展開で人気を博すブランド「旬」から、少量の調理などにも万能に使える「Shun Kajiペティナイフ150mm」、ステンレス刃物鋼を採用した切れ味抜群の「Shunハーブキッチンハサミ」を発売する。

 また、空豆の房をイメージしたハンドルで握りやすさを追求し、野菜やフルーツなど一つの食材カットを便利にするツール「KaiHouse SELECTブロードビーンズ」では、滑り止めと刃で食材をつまむようにむけるため、安全に作業ができる「ラクラクかぼちゃピーラー」、じゃがいもを押し付けるだけで片側に皮を残しながら潰せる「手間なしポテトマッシャー」など7種を展開。「柑橘皮むき」「器がつくれるパイナップルナイフ」「軽い力でしっかり絞れるグレープフルーツジューサー」「キャベツピーラー」「サクランボの種取り」といった、食材をイメージしたカラーで手間のかかる下ごしらえを簡単に楽しんでできるアイテムをそろえた。

 コンパクトサイズで、自宅でも簡単に使いやすい「KaiHouse SELECTアイスクリームメーカー」は、好きな素材を入れてスイッチを押すだけの一品。空気を含みながら材料をかきまぜ続けるため、味の決め手となる乳脂肪が均一になり、口どけの良い滑らかな完成品がつくれる。

 
 
 
 

サイト内検索

Loading

記事配信中

@COSME

日経テレコン21

日用品化粧品新聞 ダイジェスト版

Facebook

       
  x  
日用品化粧品新聞
 
Share (facebook)