TOP > ニュース一覧生活用品ニュース一覧生活用品ニュース

生活用品ニュース

[業界ニュース]貝印がスイーツ甲子園決勝大会開催

2016年10月3日
 

 貝印が主催する、同一高校に在学する3人1組のチームでオリジナルスイーツをつくるコンテスト「第9回スイーツ甲子園」決勝大会が9月18日午後0時30分から、東京都千代田区のアキバ・スクエアで行われた。
 同大会は、食生活の充実や食文化への理解を深めると同時に、全国の高校生にスイーツを通じた自己表現や自己実現の機会を提供し、将来のパティシエ育成や製菓分野への進学・就職などの機会を創出することを目的として2008年から行われている。今回は「わたしのまちの“新”名物」をテーマとしたケーキを製作。全国から439チームが参加し、決勝大会は書類審査を突破して予選ブロック大会を勝ち抜いた6チームで争われた。
 各チームは、イベントスペースに設けられたキッチン設備を用いるという慣れない環境の中、空調の風の関係などもありデコレーションがうまく成形できないといったハプニングもありつつ、150分の制限時間内で作品を完成。有名パティシエなどによる審査の結果、作品名「S.T.O.U.C.H.I cadeau」(セトウチキャドー)をつくった中国四国ブロック代表のおかやま山陽高等学校「reve(レーヴ)」チームに高い評価が集まり、優勝賞品として、スイーツの本場・パリ研修旅行が贈られた。飴細工に、瀬戸内の温暖なところで育ったレモンと桃を使い、瀬戸内からの贈り物というテーマでつくりあげた作品については、審査員から「レモンの爽やかさ、桃の香りの中に、サクサクした食感が残り、非常に楽しい。ムースも柔らかくできていて、味が伝わる」という声が挙がった。

 

 

  
1
 
 
 
 
 

最新の記事

記事一覧に戻る

 

サイト内検索

Loading

記事配信中

@COSME

日経テレコン21

日用品化粧品新聞 ダイジェスト版

Facebook

       
  x  
日用品化粧品新聞
 
Share (facebook)