TOP > ニュース一覧生活用品ニュース一覧生活用品ニュース

生活用品ニュース

[業界ニュース]エビスが「ちびまる子ちゃん」で攻勢

2016年5月2日

 オーラルケア分野で「プレミアムケア」「ザ・プレミアムケア」などのブランドが好調のエビスが、子供用ハブラシの分野で強化を図っている。

 今年3月に発売したのが虫歯予防のハブラシ「ムシバリア」の「ちびまる子ちゃん」シリーズ。絶大な人気を誇るキャラクターを付加した商品で提案する。もともと大人用も展開してきた「ムシバリア」は、昭和大学歯学部の山本松男教授との共同研究により、ムシ歯菌を99.9%除菌し、増殖を抑制するハブラシ。今回の「ちびまる子ちゃん」の登場でラインアップも充実し「このキャラクターを使用できるようになったことで、家族みんなが使える、家族の歯を守るブランドに育成していく」(同社)考えだ。

 小売価格は150円前後で、カテゴリー全体の平均価格を上回り、流通の利益獲得にも寄与する。

 「ちびまる子ちゃん」は昨年12月、23年振りに映画化され人気を集めた。原作の漫画は1986年から始まり、累計発行部数3500万部に上る。テレビアニメは90年から放映開始、いまや国民的キャラクターとして定着している。

 商品面では、むし歯を予防することに加えて、転写したキャラクターが映える大きめで握りやすいグリップ、また従来の子供用歯ブラシに比べてヘッド部を2割以上薄くしている。

 デリケートで小さな口の中でも扱いやすいコンパクトヘッドの「0.5〜3才」、小さな口の中でも奥歯まで届いてスムーズに磨けるスリムヘッドの「3〜6才」、毛束が密集しているので子供自身でも効率的に磨ける4列密集毛束の「6才以上」をラインアップし、それぞれ3色ずつそろう。

 発売後は各店頭で定番化が進んでいるという。キャラクターの魅力、むし歯菌の抑制、単価アップと条件がそろい、流通の評価も高い。吊下げセットも用意し、店頭で更にアピールしていく。

 

  
1
 
 
 
 
 

最新の記事

記事一覧に戻る

 

サイト内検索

Loading

記事配信中

@COSME

日経テレコン21

日用品化粧品新聞 ダイジェスト版

Facebook

       
  x  
日用品化粧品新聞
 
Share (facebook)