TOP > ニュース一覧生活用品ニュース一覧生活用品ニュース

生活用品ニュース

[業界ニュース]エビス「ザ・プレミアムケア」が好調

2016年4月4日

 より良い磨き心地が実感できることを訴求するエビスのハブラシ「ザ・プレミアムケア」が、今年2月の発売から好調なスタートを見せている。一部量販店ではすでに品薄状態となっていることから、4月から増産するなどして対応に追われている。

  この状況について同社では「発売直後でアウト展開していただいているということもあるが、こちらが驚くほどの売れ行きを見せている。既存の『プレミアムケア』に比べて1店舗当たりの販売金額が高いというところが多く、カニバリもほとんどしていない。幅広ヘッドは、電動を除く一般ハブラシ市場の中でも平均価格が高いが、消費者からは『最も良いもの』としてうけいれられているのではないか」と分析する。

 この勢いを加速させるため、4月からはテレビCMを放映し、販売をバックアップする。コアターゲットである50〜60代が好む旅番組、ドラマ、スポーツ中継などの番組で提供する。

 従来の「プレミアムケア」は昨年まで単体で4%ほどのシェアを獲得しており、ブランド認知が着実に進んでいる。これに「ザ・プレミアムケア」がどれだけ上積みされてくるか、各方面の期待が高まる。

 高価格帯の商品であることから定番売り場での品ぞろえを基本に展開する一方、発売時からアウト展開用の什器として、吊下げセット、カウンターディスプレイセットなどを用意し導入を図った。これが初回から大きな支持を集める結果につながった。

 もう一つ、同ブランドの姉妹品的な位置付けで期待が高まっているのが「プレミアムケア歯間ブラシ」。ハブラシとの同時展開も含めて導入を進めている。従来品に比べてブラシの毛の密度が1.2倍、長さは1.7倍という仕様で、“ぎっしりロングブラシ”により歯間の歯垢を効率よく落とすことができる。ネック部分を曲げて使用できて奥歯の歯間にもスムーズに挿入でき、また先端は細く根元に向けて太くなる円すい型のブラシ、餅屋易く操作しやすい永井ハンドルとなど、使う人の利便性に配慮した機能性を備える。SS〜S、M〜Lの2サイズをそろえた。

  歯間ブラシなどデンタル用品市場も多くの商品が各社から投入されているが、同社では機能性の高さとハブラシで培ったブランド認知度を前面に押し出し、存在感を高めていきたい考えだ。

 

  
1
 
 
 
 
 

最新の記事

記事一覧に戻る

 

サイト内検索

Loading

記事配信中

@COSME

日経テレコン21

日用品化粧品新聞 ダイジェスト版

Facebook

       
  x  
日用品化粧品新聞
 
Share (facebook)