TOP > ニュース一覧生活用品ニュース一覧生活用品ニュース

生活用品ニュース

[業界ニュース]ティファールから各種調理アイテム、機能向上で利便性追求

2015年8月1日

 「ティファール」ブランドを展開するグループセブ ジャパンは今秋、各種調理アイテムを市場に投入する。

 10月に発売する「クリック&ミックスプラスルビーレッド」は、つぶす、混ぜる、砕く、泡立てるという4種類のアタッチメントをワンタッチで着脱できるハンドブレンダー「クリック&ミックス」の使いやすさはそのままとし、モーターの大幅パワーアップと全21段階のスピート調節で利便性を高めたもの。

 刃の形状を見ただけでは分かりにくいアタッチメントは、つぶす・混ぜるブレンダーが緑=野菜、つぶすミンサーが赤=肉、泡立てるウイスクが黄色=卵、砕くアイスクラッシャーが青=氷と、使用する食材をイメージして色分けしており、選びやすさに配慮している。プラスチック製で丸みを帯びた形状なので、鍋や容器の中で使用しても傷がつきにくい。

 食材や好みに合わせて思い通りの仕上がりを実現できるため、硬さや食感を段階的に変えていく離乳食作りなどにも便利なアイテムだ。

 9月には、デザインと機能性を追求し、ブランド最高ランクのキッチンツール「インジニオ」シリーズを発売する。

 デザイン志向の高いキッチンツールの人気の高まりに対応したもので、赤と黒を基調としステンレスプレートをあしらった高級感のあるデザインと優れた耐久性が特徴で、日本人が使いやすいサイズ、形状を追求。注ぎやすさ、すくいやすさを考えた「レードル」や「ターナー」、日本オリジナルアイテムの「スタンディングしゃもじ」、刃の部分が動くため食材にフィットする「ピーラー」など全14アイテムをラインアップする。調理中にキッチンツールを入れたままでも中に落ちないよう、一部製品を除き鍋のふちからすべらないシリコーンストッパーを設置。色移りしにくく汚れが落ちやすい素材を採用し、高い耐熱温度を確保するなど、使いやすさに配慮している。

 品質と耐久性、使いやすさを追求した取っ手付き調理器具「コンフォートマックスIHステンレス」シリーズは、クロムとニッケルが含まれているステンレス素材を採用し、腐食しにくさを確保。熱伝導に優れたアルミニウムを耐久性の高いステンレスで挟み込んだ底面加工で、耐久性にもこだわった。

 人間工学に基づき、ソフトタッチで握りやすい取っ手を備えたことに加え、こびりつきにくさが長く持続する新開発の3層パワーレジストコーティングを採用しており、中面加工が施されていない鍋本体については、ブランド初の10年保証付きアイテムとして展開。高品質でスタイリッシュな製品を投入することで、根強い人気を誇るステンレス製鍋のカテゴリー強化を図る。

 また、ガス火対応調理器具に最高ランクのチタンコーティングを採用した「ハードチタニウムブラック」は、使い始めのこびりつきにくさが長続きし、調理後の手入れにも便利。外面には熱や傷に強いエナメル加工を施し、底面には熱伝導を高める成分を配合して食材をムラなく加熱する。なお同品は、取っ手つき調理器具、取っ手のとれる調理器具の両方でラインアップする。

 クリック&ミックスプラスルビーレッド

 ▽1万4800円(10月発売)

 インジニオ

 ▽14種750円〜1600円(10月発売)

 コンフォートマックスIHステンレス

 ▽フライパン20㎝3900円、同24㎝4600円、同26㎝5000円、ソースパン16㎝4200円、同18㎝4600円、シチューパン20㎝5500円(9月発売)

 ハードチタニウムブラック

 ▽フライパン19㎝3500円、同27㎝4500円、同29㎝5000円、ディープパン26㎝5500円、ウォックパン28㎝5250円、(以下、専用取っ手付き、オープン価格)インジニオ・ネオハードチタニウムブラックセット6、同セット9(8月発売)

 

  
1
 
 
 
 
 

最新の記事

記事一覧に戻る

 

サイト内検索

Loading

記事配信中

@COSME

日経テレコン21

日用品化粧品新聞 ダイジェスト版

Facebook

       
  x  
日用品化粧品新聞
 
Share (facebook)