TOP > ニュース一覧生活用品ニュース一覧生活用品ニュース

生活用品ニュース

[業界ニュース]東京金物卸商協同組合が第66回通常総会。流通業の変化に対応を

2015年6月1日

 東京金物卸商協同組合は5月22日午後5時から、東京都千代田区のホテルグランドアーク半蔵門で第66回通常総会を行った。
 柏木征彦副理事長(柏木工機社長)の開会の辞に続き、あいさつに立った杉田直良理事長(杉田エース会長)は「経営環境は、当組合と関係の深い住宅着工の増加などもあり、ゆるやかに上昇に向かっているように感じている。特に首都圏においては東京オリンピック開催の1年前までは建築需要が延びることが予想される。ただ、前回の東京オリンピックの開催後には、たいへんな不況に陥ってしまったとも聞いているので、その時にどういう対策をするかを考えて経営に当たらねばと思っている」と強調し「IT化で流通も変わってきている。その変化に対応できる人は若い人。若い人が集まる、魅力ある企業を作っていかなくてはいけない。そのため、じっくりと仕事をしてもらえる環境作りを、組合活動として考えていきたい」と協力を呼び掛けた。
 総会は、柏木副理事長を議長に選出して進行。組合員85社中、出席19社、委任状提出46社で総会が成立し「平成26年度事業報告承認の件」など、第1号議案から第5号議案まで、全て可決した。
 なお、「平成27年度事業計画決定の件」では、ハウスウェア部会、建築金物部会、利器工具部会という三部会組合員の一層の相互理解と協力の下に効率的な組織運営に努めることを始めとして、経営委員会、福利共催委員会、総務委員会、財務委員会などそれぞれの事業概要などが確認された。また閉会の辞は、森剛一副理事長(モリギン社長)が務めた。
 総会終了後、同所で懇親会を実施。参加者の交流を深めた。

 

  
1
 
 
 
 
 

最新の記事

記事一覧に戻る

 

サイト内検索

Loading

記事配信中

@COSME

日経テレコン21

日用品化粧品新聞 ダイジェスト版

Facebook

       
  x  
日用品化粧品新聞
 
Share (facebook)