日用品ニュース

[業界ニュース]花王エッセンシャルに新アイテム

2018年3月26日


 花王は3月24日、洗い流さないタイプのトリートメント「エッセンシャル耐湿キューティクルバリア」を発売した。これに先立ち3月15日午後1時から、東京都港区のベクトルスタジオでメディア向けセミナーを開き、商品の詳しい内容を説明した。

 冒頭、ヘアケア事業グループの神谷光俊氏がヘアケア時における湿気の影響を始め、生活者の悩み、実態などについて紹介した。これによると、朝に髪を整えたのにも関わらず、日中に手直ししている人は7割を数え、それをわずらわしく感じる人も8割以上に上るという。

 また同社では、雨の日や梅雨時期はもとより、晴れや乾燥している日でも髪が乱れることがあり、その要因は、日々の生活で高い湿度に髪がさらされているためであることを突き止めた。外気湿度が高くなると髪に水分が入り込み、50%を超えると髪は柔らかくなり始める。湿度が高くなるにつれて髪はより柔らかくなり乱れやすくなり、浮き毛や髪の広がりの原因となっていた。

 通勤や通学時の満員電車、コーヒーなどを飲んでいる時、徒歩、マスク着用時など、毎日の生活で起きている要素を「湿度ギャップ」と捉え、これに対応して髪を湿度から守る商品として発売したのが「エッセンシャル耐湿キューティクルバリアオイルスプレー」と「同モイストエッセンス」(各95g、メーカー希望小売価格設定なし)。40年以上にわたるキューティクル研究から独自に開発した技術を用い、髪表面の耐湿バリア機能をサポートする。髪の乱れの一因となる水分の影響を防ぐため、出入り口となるキューティクルを表面から側面までしっかり塞ぐ。「オイルスプレー」は、浮き毛やゴワつきを抑えて、さらっとツヤのある髪に仕上げる。「モイストエッセンス」は、広がりやパサつきを抑えて、滑らかな仕上がりにする。朝に簡単に使うだけで綺麗な髪が続くことを提案する。

 セミナーでは、モデルの髪に湿気を当てて高い湿度の状況をつくり、商品を使用した部分としていない部分の髪の状態を見るという実験を行った他、実際に温かい飲み物を飲む際の髪の湿度を測定するなどして理解を深めた。

 

 
Share (facebook)
 
 

  

最新の記事

記事一覧に戻る

 

サイト内検索

Loading

記事配信中

@COSME

日経テレコン21

日用品化粧品新聞 ダイジェスト版

Facebook

       
  x  
日用品化粧品新聞
 
Share (facebook)