TOP > ニュース一覧日用品ニュース一覧日用品ニュース

日用品ニュース

[業界ニュース]2017秋の叙勲

2017年11月13日

 ライオン相談役の藤重貞慶氏が、平成29年秋の叙勲で旭日中綬章を受章した。日本石鹸洗剤工業会や日本歯磨工業会の会長として、またライオン社長、同会長として、長年にわたる業界と議場の健全な発展に貢献した功績が認められたもの。

 受章理由

 日本石鹸洗剤工業会では2005年から07年まで2年間にわたり会長を務めた。その間、環境保全対策の一環として、容器包装量を減量し廃棄物量を削減する自主行動計画を策定し積極的に推進した。また、日本歯磨工業会では09年から17年まで8年間にわたり会長を務め、口腔衛生啓発活動を通じて国民の健康づくりに貢献するとともに、業界規模(出荷金額)を毎年拡大させるなど、日用品市場の活性化に尽力した。

 ライオンでは、04年3月から16年3月まで代表取締役社長、会長を務め、歯磨き・洗剤などの日用品事業に加え、OTC医薬品事業の拡大や機能性健康食品事業への本格参入などを推進し、同社の事業領域(「新・快適生活産業」と定義)を確立した。合わせて、海外事業展開も積極的に行った。これらの事業を通じて、健康・快適で持続可能なくらしの実現に貢献し、今日の社業発展の基盤を構築した。

 藤重氏は1947年、埼玉県生まれ。69年に慶応義塾大学商学部卒業後、ライオン油脂(当時)入社。96年ライオン取締役国際事業本部長、2000年常務取締役家庭品事業本部長、02年代表取締役 専務取締役家庭品事業本部長を経て、04年代表取締役 取締役社長、12年代表取締役 取締役会長。16年から相談役に就任しに現在に至る。日本石鹸洗剤工業会会長、日本歯磨工業会会長、日本化粧品工業連合会副会長を歴任。現在は東京商工会議所特別顧問、経済同友会幹事、ACジャパン理事長、日本包装協会会長、日本卓球協会会長、ライオン歯科衛生研究所理事長などを務める。

 藤重氏の受章の言葉

 このたびは叙勲の栄に浴し大変光栄に存じます。人々の暮らしに役立つ優良製品の提供を通じて、業界及び我が国商工業の発展に微力ながら努めてまいりましたことが、認められたものと受け止めております。今回の受章は、お取引先様や関連業界・行政をはじめとする皆様方のご支援の賜物であり、心より深く感謝申し上げます。また、社業発展に多大な努力を重ねてきた社員に対しても謝意と敬意を表します。


 牛乳石鹸共進社代表取締役会長の宮崎仁之氏が、平成29年秋の叙勲で旭日双光章を受章した。宮崎氏は「日本石鹸洗剤工業会からの推薦を頂戴し、このような名誉ある受章の栄に浴し身に余る光栄です。日頃の皆様方のご指導とご支援の賜と深く感謝申し上げますとともに、今後はこの栄誉の重みをしっかりと受け止め、地域や業界の発展のために微力ながら精進してまいりたいと思っております」とコメントしている。

同氏は1970年3月に関西学院大学文学部を卒業後、4月に牛乳石鹸共進社に入社。92年取締役、93年代表取締役社長に就任し、2014年4月からは代表取締役社長を務める。また、業界団体においても多大な貢献をしており、現在も、日本石鹸洗剤工業会副会長、油脂工業会館理事、西日本化粧品工業会理事、大阪商工会議所旭・城東・鶴見支部運営委員、日本油化学会関西支部長などを務めている。




 

 
Share (facebook)
 
 

  

最新の記事

記事一覧に戻る

 

サイト内検索

Loading

記事配信中

@COSME

日経テレコン21

日用品化粧品新聞 ダイジェスト版

Facebook

       
  x  
日用品化粧品新聞
 
Share (facebook)