TOP > ニュース一覧日用品ニュース一覧日用品ニュース

日用品ニュース

[業界ニュース]シック・ジャパンが「冷やしシェービング」体験提供

2017年8月1日


 シック・ジャパンは、8月7〜9日の3日間、東京都千代田区の東京国際フォーラム地上広場Dブロックで、暑い夏の夜をスッキリ爽やかに過ごしてもらうことを目的とした 体験型の「シックトワイライトシェービングスタンド」をオープンする。
 8月8日の「ヒゲの日」に先駆け、「かつて日本の最高気温を記録した山形県で独自に発達した“冷やし文化”の一つである『冷やしシェービング』にヒントを得た」(同社)ものて、氷水が入ったカップで冷やした「シックハイドロ5プレミアム」を使ったシェービングを提供。移動式のスタンドでは、BGMにゆったりとジャズを流すなど、リラックスした雰囲気を演出する。鏡を見ながらヒゲを剃ってもらうことで、心地良い深剃りとさっぱりとした気分を体感してもらい、商品を訴求。オリジナルシェービングセットのサンプリングも合わせて行う。
 約4割が夕方のヒゲが気になると回答
 また同社では、首都圏の男女各300人を対象に「夏場のヒゲに関する意識調査」を実施した。「夏の暑い時期、夕方にヒゲを剃ったり、整えたりしたいと思ったことはありますか」という質問には、41・4%があると回答。剃りたい理由として「ヒゲが伸びてきて気になる」(63.・0%)、「夕方から人と会うときに、スッキリした顔で会いたい」(39・1%)などが挙がり、自分自身が不快に感じるだけではなく、人に会う前の身だしなみとしても意識していることが明らかとなった。なお、普段ウエットシェービングをしている人に限ると、夕方にヒゲを剃ったり、整えたりしたいという回答は37・3%にとどまり、全体に比べて少ないという傾向が出たことから、「水や湯で肌をぬらし、ヒゲを柔らかくしてから行うウエットシェービングは、肌への負担を減らしつつ、滑らかに深剃りすることが出来るため、“夕方のヒゲ”が気になる男性におすすめ」(同)としている。
 また女性を対象にした調査では、夕方や夜の男性のヒゲについて「伸びや不潔感などが気になる」とした人が約半数に上った。朝の剃り残しだけでなく、夕方や夜になり伸びてしまったヒゲも好まれていないことが分かった。
 更に「自分(男性)のヒゲを「暑苦しい」「むさ苦しい」と感じる季節はいつですか」という質問には、男性の54・4%、女性の68・4%が「夏」と回答。「感じたことは無い」という回答は男性が39・9%、女性が27・8%で、女性が「ヒゲの暑苦しさ」により厳しいという結果となった。


 

 
Share (facebook)
 
 

  

最新の記事

記事一覧に戻る

 

サイト内検索

Loading

記事配信中

@COSME

日経テレコン21

日用品化粧品新聞 ダイジェスト版

Facebook

       
  x  
日用品化粧品新聞
 
Share (facebook)