TOP > ニュース一覧日用品ニュース一覧日用品ニュース

日用品ニュース

[業界ニュース]カルタスがオリジナル品で市場開拓

2017年1月1日

 

 CBグループマネジメントグループの家庭紙卸のカルタスは、NB商品とは異なる価値の構築を狙った、市場の補完的意味合いのある自社商品の展開を強化している。これまでもウォルト・ディズニー・ジャパンとのライセンス契約によるディズニーキャラクターのティシュで独自の存在感を築いてきた。中でも、一昨年に発売したポケットタイプの「ディズニーツムツム保湿ローションティシュー」は、幅広い層に支持され、現在もヒットを続けている。
 今春は、新たに「シュフーレ」をブランド名に新商品を発売、ブランドロゴをパッケージにつけて統一感を持って展開する。
 新商品は、ティシュでは「シュフーレ ディズニー美女と野獣ライトローション」(200W3個パック)と「シュフーレ ディズニープリンセス ベル保湿ペーパー」(10W4個パック)に話題が集まっている。既存の「アナと雪の女王」や「ファッショナブルプリンセス」シリーズも高い支持を得ているが、今回の「美女と野獣ライトローション」は、大人向けの「OTONA」デザイン1個と、通常のアニメタッチのデザイン2個の計3個をパックにし、より幅広い層への訴求強化を図った。「ベル保湿ペーパー」については「OTONA」デザイン4個をパックにしている。
 成分は、潤い成分としてグルセリンとソルビット、滑らか成分として少量の油分と乳化剤を配合。食品や化粧品にも使われている成分なので、小さな子供にも安心して使うことができる。
 トイレットペーパーでは、パルプ100%「シュフーレプレミアム仁淀(によど)」(30mW×4ロール)を投入する。四国三大河川の一つで“奇跡の清流”とも言われる仁淀川の水を使用しており、デザインも日本の伝統模様の市松を採用。カラーリングも淡い4色をアソートするなど強い個性を打ち出している。
 その他、JR東日本のキャラクターを採用した「シュフーレ トレタンズ」シリーズ、昭和世代には懐かしい「タマ&フレンズ」シリーズ、不織布クッキングペーパー「シュフーレ ディズニークッキングペーパー」などを展開する。

 
Share (facebook)
 
 

  

最新の記事

記事一覧に戻る

 

サイト内検索

Loading

記事配信中

@COSME

日経テレコン21

日用品化粧品新聞 ダイジェスト版

Facebook

       
  x  
日用品化粧品新聞
 
Share (facebook)