TOP > ニュース一覧化粧品ニュース一覧化粧品ニュース

化粧品ニュース

[業界ニュース]第一三共ヘルスケアが新製品投入

2017年11月20日

 今年9月で「トランシーノ」ブランド10周年を迎えた第一三共ヘルスケアは1月22日「しみ・そばかす」対策の内服薬を最新処方にした「トランシーノ ホワイトCクリア」と、UVケアアイテム「トランシーノ薬用ホワイトニングCCクリーム」「同UVパウダー」の2品を発売する。
 「トランシーノ ホワイトCクリア」は、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB6にニコチン酸アミド(ビタミンB3)を追加。しみ対策をサポートする肌ビタミンの配合を4種に強化した。更に、1錠あたりの有効成分量を従来品の1.5倍にしたことで、1回3錠の用量が2錠になって服用しやすくなった。
 「トランシーノ薬用ホワイトニングCCクリーム」は、美白と乳液、日焼け止め、化粧下地、色補正を、美白しながら日中のダメージから肌を守る1本5役の多機能時短アイテム。伸びが良く、肌にスッとなじみ、自然な色で肌の悩みをカバーする。また、ウォータープルーフ層、ブライト&カバー層、UVカット層の3層サンドイッチ構造が、汗や水に強く、UVカットしながら透明美肌に導く。
 「同UVパウダー」は、ひと塗りで色むらや凹凸をカバーし、つけたての透明感をキープしていつでも明るい美肌に導く。きめ細かくふんわりした使い心地のパウダーが滑らかに肌にフィットし、崩れにくい使用感を提供する。6種の機能性パウダーが、化粧もち、美肌魅せ、強力UVカットを実現する。
 発売に先駆け、11月13日午前11時から2回、東京都中央区の本社ビルで「トランシーノ」新製品発表会を行なった。
 冒頭あいさつに立った商品戦略部の遠藤貴子カテゴリーマネジャーが、10周年を迎えた「トランシーノ」ブランドの強みや、成長の軌跡を紹介。また、同社の調査では、約80%の女性が「自分の肌に自信がない」と回答し、その大きな原因は「しみ」だと説明した。 このような調査結果に伴い、遠藤カテゴリーマネジャーは“一点の曇りもない肌で誇れる私に。”とブランドメッセージを述べた上「『トランシーノ』ブランドは、これからも日本女性の肌と心を元気にするブランドとしてチャレンジを続け、進化していく」と意気込みを示した。
 引き続き、マーケティング部の倉本菜々子ブランドマネジャーが新製品の特長や成分などについて紹介した。

 

 

 

 

 





 
 

最新の記事

記事一覧に戻る

 

サイト内検索

Loading

記事配信中

@COSME

日経テレコン21

日用品化粧品新聞 ダイジェスト版

Facebook

       
  x  
日用品化粧品新聞
 
Share (facebook)