TOP > ニュース一覧化粧品ニュース一覧化粧品ニュース

化粧品ニュース

[業界ニュース] ポーラが「ホワイトショット」からマスク、美容飲料

2017年2月27日

 ポーラは5月1日、“速攻美白”をかなえる製品として、美白ブランド「ホワイトショット」からシートマスクとフィルム状美容液のセット「ホワイトショットQX」、体の中から透明感をサポートする美容飲料「ホワイトショットインナーロックリキッドIX」を発売する。これに先駆け2月16日午前11時から、東京都品川区のポーラ五反田ビルで発表会を開催した。
 美白スキンケア製品の大半は、肌のターンオーバーの周期に合わせて結果が出るため、美白は時間がかかると消費者に思われている。そこで同社は、メラニンを散らして均一化するという「スライドクリア機能」を取り入れて新製品を開発した。シミや色ムラが目立たなくなるため短期間で効果を実感しやすいという。
 開発に当たっては、自然界では、メダカが周囲の明暗に合わせてメラニンの分布をコントロールして体色を変化させるなどの事例があることに着目。ポーラ研究所が、表皮細胞もメラニンを排出していることを発見し、表皮細胞間でメラニンを散らす機能を解明した。
 大量にメラニンを抱え込んだ細胞では、スライドクリア機能が低下しメラニン分布が不均一になってシミや色ムラが目立つため、メラニン排出に関わるタンパク質の産生量を増やし、表皮細胞をダメージから守る複合オリジナル成分を開発。シートマスク、フィルム状美容液にはそれぞれ「QXクリアエキス」、美容飲料には「サフラワーQ」を配合した。メラニン分布が均一になることで、「ホワイトショット」で共通採用している、人が自ら白く美しくなる力である「セルフクリア機能」も効率的に働くという。その他、ブランド独自の美容成分を数多く採用、シートマスクには美白有効成分のトラネキサム酸を配合している。
 使い方は、化粧水を塗布した後、シミなどが気になる箇所に美容液フィルムを貼り、その上から全顔にシートマスクをつけて5〜10分置く。フィルムは徐々に肌になじんで自然に無くなる。美容飲料は、朝など、強い日差しを浴びる前に飲んでおくことを推奨している。フィルムで点、マスクで面、美容飲料で全身にアプローチする。
 発表会では、商品企画部の山口裕絵部長が製品概要を、ポーラ研究所肌科学研究部研究員の本郷麻耶氏が研究成果を説明した。山口部長は「『ホワイトショット』は高い実績で推移し、秋冬も売り上げが伸びている」と述べ、前年比では「ホワイトショットCX」が126・7%、「同SX」が120・9%、「インナーロックIX」が113・8%であることを紹介した。
 ホワイトショットQX
 ▽シートマスク24ml×5包、フィルム状美容液1セット(4枚入)×5包(5月1日発売)
 同インナーロックリキッドIX
 ▽1箱(30ml×10本)5800円(5月1日発売)
 
 

最新の記事

記事一覧に戻る

 

サイト内検索

Loading

記事配信中

@COSME

日経テレコン21

日用品化粧品新聞 ダイジェスト版

Facebook

       
  x  
日用品化粧品新聞
 
Share (facebook)