TOP > ニュース一覧化粧品ニュース一覧化粧品ニュース

化粧品ニュース

[業界ニュース] アイスタイルが「アットコスメストア」海外初出展

2017年2月13日

 アイスタイルが海外の小売店事業をスタートする。5月5日、台湾・台北市に「アットコスメストア」初の海外店となる「アットコスメストア微風広場台北駅店」をオープン予定。アイスタイルの子会社であるistyle Retail (Hong Kong) Co., Limited(香港・遠藤宗社長)を通じて出店する。
 更に6月には、多くの百貨店が立ち並ぶ台北市信義エリアに「アットコスメストア微風信義店」を出店予定で、夏頃をめどに台湾及び香港での出店も準備している。
 台湾の化粧品輸入額の約4割が日本からで、日本の化粧品に対する関心が高いこと、美容市場の年平均成長率が2・3%と高水準なこと、一人当たりの美容市場規模がアジアの中では大きく、また、国全体のあることから出店地に選んだという。
 1号店の入る微風広場(BREEZE CENTER) 台北駅店は、台北の交通の要であり、乗降客数も非常に多い台北駅舎内に位置する大型ショッピングセンター。アットコスメストアが出店する地下1階は、台湾新幹線・台湾鉄道の中央改札、今春開通予定の桃園空港線への改札に近接しており多くの流動客数が見込める。
 売り場面積は、1号店が62坪、2号店が61坪。「売り上げ1位の新宿店や2位の上野店(増床前)という成功モデルを生かし、アットコスメストアの特長を出しやすい売り場面積にした」(吉松徹郎社長)という。取り扱いブランドは、1号店が資生堂、カネボウ、コーセー、花王、MARY QUANT、UNTなどで、2号店は未定。
 日本と同様に「試せる、出会える、運命コスメ」をテーマ、ネットとリアルが融合した店づくりを進める考え。アットコスメのデータを活用したMDで生活者に支持されている商品を取り上げる。ほぼ全ての商品のテスターを自由に使える環境や、水道設備やコットンなどのアメニティーなどを用意し「自由に商品を試して運命コスメに出会える楽しい買い物体験」を提供する。ブランドを横断してカウンセリングも行う。
 日本国内では現在16店舗を展開しており、今後はそのノウハウを基に、アジア圏でも積極的に店舗展開していく。
 アットコスメストア微風広場台北駅店
 ▽所在地=100台北市中正區北平西路3號(台北火車B1)
 同微風信義店
 ▽所在地=110台北市信義區忠孝東路五段68號B1F
 
 

最新の記事

記事一覧に戻る

 

サイト内検索

Loading

記事配信中

@COSME

日経テレコン21

日用品化粧品新聞 ダイジェスト版

Facebook

       
  x  
日用品化粧品新聞
 
Share (facebook)